窓をあけて空をみよ

戸建に引っ越し。買わずに、大切に、気持ちよく。

甲子園球児はあこがれのお兄さんから息子へ、そして

今週のお題高校野球

f:id:izumitosora:20170815211621j:plain

高校野球を好きになったのは、中学生の時にみた池田高校の試合がきっかけ。

野投手、蔦監督、やまびこ打線。

TV観戦はもちろん、熱闘甲子園、タイトルは忘れたけど雑誌も買って読んでいた。

その頃のわたしは、高校生のお兄さんかっこいいなーと思ってみていた、と思う。

やがてその高校球児たちを同学年として応援し、そして自分より年下になり、

ついに自分のこどもと同い年かと思っていたら、すでに自分のこどものほうが年上になってしまった。

 

勝ったチームをみても、負けたチームをみても、涙が出てしまう。

いままでがんばったね、おつかれさま、おめでとう、惜しかったね。

娘は呆れた顔で「自分のこどもじゃないのに」って。

でも、甲子園にくるまで、きっと好きだけでやってこれたわけじゃなくて

犠牲にしてきたこともたくさんあって、たぶん10のうち9は辛かったんじゃないかなって思う。

娘の高校の部活動を見てきてそう思ったし、まして全国レベルになればよりいっそう。

 

一度だけ甲子園球場まで足を運んで観戦したことがある。

母校でもなく、出身地の高校でもなく、なんの縁もない高校の試合だったけど楽しかった。

母校ともなればそれはもうじっとしていられないんだろうけれど、残念ながらわたしは女子校出身。

いまはなかなか甲子園まではいけないから(いきたいけど)この3年くらいは

今住んでいる地方の予選をいくつか球場でみて、全国高校野球はTV観戦で我慢。

みたい組み合わせの日に、仕事が休みで喜んでいたら、雨で順延になり見られなくなったりすると、

悔しくてしばらく、あーーーーーーーーもーーーーーーーー!となる。

みたい、みたい、みたい。

 

最近では、強豪校も変わってきていて、私立のスポーツ校が強いのかな。

昔は商業高校ってけっこう強豪が多かった気がするけど、それもずいぶん少なくなったな、

思っていたらこの夏、久ぶりに松商の名前をきいてうれしくなった。

野球好きの人と話をすると、懐かしい校名がいっぱいでてきて

給食のメニューで年齢がわかる、みたいに当時強かった校名で世代がわかるのも楽しい。

 

将来孫ができて、そのうち高校生になって、そのときもまだ見続けていると思うな。

孫が高校球児に、なんてことも可能性は0ではないし。

楽しみ楽しみ。

ネットの路線検索ではなく、かさばる「時刻表」

f:id:izumitosora:20170815201701j:plain

今度、青春18きっぷをつかって、ひとりで小旅行にでようと思っている。

どこに行こうか、なにをしようか、と考えている時は本当に楽しい。

でも、行きたいところはたくさんあるけれど、日頃、新幹線や特急の時間感覚になっているから、

いまいち、どれくらいの距離をどれくらいの時間で行けるのか、どこを通るのか、

がピンとこない。(青春18きっぷ普通列車しかつかえないから)

そしてふと思い出した。

そうだ、時刻表。

昔、会社勤めをしていた頃は、上司の出張の手配は、時刻表で列車名や時間を確認して

駅のみどりの窓口まで行って切符を購入していた。

今の職場の若い人は時刻表の読み方がわからないというし

それをみるのは趣味にしている人だけだと思っているみたい。

久しぶりに図書館で時刻表を借りて地図を開くと、出発駅と到着駅だけじゃなくて、

その間のたくさんの駅や、その先に広がる路線に心惹かれて、ちょっと私鉄にも乗ってみようか、

いやいやせっかくの18きっぷだからJRだけで!と思ったり。

時刻表だけでもうずいぶん旅をしている。

ページ下の駅弁情報も、文字だけなのに、デパートの駅弁大会のきれいな写真よりも

なぜかきもちが騒いでしまう。

さてさて、どこに行こうかな。

内反小趾と登山靴

f:id:izumitosora:20170811150238j:plain

外反母趾とは逆で、小指のつけ根当たりの骨がでっぱってしまう。

この靴を買った時はたいしたことはなかったけれど、少し症状が悪くなってしまい

2時間くらい山道を歩くだけで、靴に当たる部分が真っ赤になってしまって、痛いこと痛いこと。

山には行きたいし、かといって普通のスニーカーではきついところもある。

でも、新しい登山靴を買っても、同じことかもしれないし・・・。

そこで、新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めて保管してみた。

けっこう幅が伸びて、かつ、テーピングで土踏まずのアーチを作ってから履いたらずいぶん楽になった。

あともう少し伸びたら、テーピング無しで、もう少し厚みのある靴下が履けるかもしれない、と思ったけど

新聞紙を押し込む力が限界だったので、シューストレッチャーなるものを買ってみた。

意外と安い1500円くらい。

お~らくらく伸ばせる!

まだ試していないけど、これはなかなかうまくいくのではないか?!

 

 

 

広告を非表示にする

プリンシェイク

f:id:izumitosora:20170729170244j:plain

大好きなプリンシェイク

友人に話すと「なにそれ~?」と認知度は低い。

もう何年も十何年も?まえからのお気に入り。

でも認知度の低いものゆえ、なかなか売っていない。

しばらく買えずにいて、次女の高校の自動販売機で80円で売っていたのをみつけたときは、

驚きと喜びでいっぱいになったけど、その次女もこの春に卒業してしまった。

というより卒業前に買ってもらおうと思っていた矢先、

ひっそりと自販から消えていたそう(娘曰く、人気なかったもんね、と)

そして、ネットで探したら、なんなく売ってた。

簡単に手に入る。30本入り。

でもそうじゃないんだよな・・・。

街中でポッカの自販を見つけるたびに、プリンシェイクがないかチェックし続け、

先日やっとやっと見つけて3本購入。

しあわせ。

広告を非表示にする

梅雨だから、ガーゼバスタオル

f:id:izumitosora:20170630161326j:plain

洗濯物が乾きにくい。

バスタオルは scopeで購入したhouse towel のミニバスタオルを使っている。

普通のバスタオルよりもコンパクトでひっかけ用の穴もついているので

使い勝手が良い。

それでも、やっぱりこの季節は乾きにくいので、よりコンパクトなものを買い足した。

NOUVELLE  BONHEUR(ヌヴェル・ボヌール)という名前のものだけど、

フランス製・・・ではなく日本製・泉州タオル。

かさばらないけど、四重織りなのでしっかりふけるし、約50×100cmで大きさもコンパクト。

おまけにひっかけるフックもついている。

微妙な色合いが素敵で、3色のうちグレイッシュパープルとネイビーを選択。

すぐ乾いて快適。

無印良品のダメになるソファから、ヘリノックスのコンフォートチェアへ

f:id:izumitosora:20170622131930j:plain

無印良品の、体にフィットするソファをダメになるソファとはよくいったもので

ほんとうにみんな離れない。

リビングにひとつあって、ソファよりそちらに座りたがる。

わたしも、ここでするお昼寝は最高だと思う。

だけど、狭いリビングのなかでかなりの場所をとるし、掃除のときはとても邪魔。

かといって、クッションを撤去すると夫から無言の反発が予想されるので

かわりに、このヘリノックスのコンフォートチェアをリビングにおくことにした。

耐荷重145kgなのに、本体は約1kgと軽いので掃除のときも楽チン。

折り畳んでキャンプにも持っていくことができるから、

古いかさばるキャンプ用のパイプイスを、夫が処分してくれることを祈っている。

処分してくれたら、もうひとつ買ってもいいのになぁ・・・。

まあ、ダメだと思うけどね。

思い出の処分

f:id:izumitosora:20170619110315j:plain

処分といってもこどものものではなく、夫婦のもの。

こどもたちも大学生となったいま、自分たちの学生の頃の成績表や

表彰状などは、ひ孫の代まで残すほどのものではない。

とはいえ、ちょこっと自慢をする機会もあるかもしれないので

データで残して現物は破棄した。

かなりすっきり。

紙ベースのものはけっこうかさばるし、写真も厳選して減らそう。

問題は10年ほど前からつけているほぼ日手帳

日々のメモから心の中の黒いものが綴られているで、残して死ねない。

とっておきたいけど、突然この世を去ったときにみられるのも嫌。

これはなかなか結論が出ないまま。

あ~どうしよう。

広告を非表示にする