読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窓をあけて空をみよ

戸建に引っ越し。買わずに、大切に、気持ちよく。

心療内科4か月

4月に心療内科にはじめていって、4か月ほどが経つ。

初診療の頃は、不安症状というよりうつ状態のほうが深刻といわれ

セルトラリン錠を1日1錠。1週間飲んでも変わらず1日2錠に。

2週間が経つころには、自分でもびっくりするくらい気持ちが明るくなってきた。

それまでは、自殺願望はなかったけれど、1日でも早く死にたいと思っていたし、

こんな気持ちで毎日を生きていくとおもうと苦しくてしかたなかった。

そんなふうに思っていたことが今は信じられなくて、趣味も復活、

友人とあって話したりするのも、心から楽しいと思える。

2か月前くらいから、なんとなく薬を1錠にしてみたり飲まない日があったりで

1か月まえくらいからはほとんど飲まなくなっていた。

ほんとはよくないんだと思うけど。

食事だけは気をつけて、低血糖症にならないようにしている。

低血糖症は精神面でもダメージを与えると教えてもらったから。

落ち着いてから友だちに実は・・・と話したら、その人も実は・・・と

過去に通っていたことがあるとわかった。

これだけよく聞く話なのに、うしろめたい気がするのはなぜかな。

事実、わたしは家族に隠しているし、なんとなく母親が心療内科に行ってるって

こどもはショックなんじゃないかと思っている。

生死にかかわる病気とはまた違うショックかな、と。

心療内科が歯医者さんと同等になるにはまだまだかなあ・・・。

広告を非表示にする