窓をあけて空をみよ

戸建に引っ越し。買わずに、大切に、気持ちよく。

アンティークテーブルの脚を切る

f:id:izumitosora:20171104150408j:plain

20年以上使ったダイニングテーブル。

とても重く、下にはクロスバーがあり、イスも重いので

テーブル下の掃除が億劫になってきた。

 

最近では家族そろってダイニングテーブルで食べることもほとんどない。

娘とふたりのときは、たいてい録画したドラマを見ながら食べるので

テレビを見やすいソファ前が定位置。

 

以前から「狭いリビングにダイニングテーブル+ソファ+コーヒーテーブルは多すぎ」

とおもっていたけれど、家族の理解をえられず、ソファ処分は絶対許されないようなので

ならば・・・と、思いきってテーブルのイスの脚を切って座卓にしてみた。

ずいぶん前から構想はあったけれど、高価なテーブルだったし、なにより思い出の家具。

なかなか勇気がでなくて長い時間保留状態だったけど、なんだか急に「よし、切っちゃおう!」

という気分になったので、のこぎり片手にギコギコ。

 

切ってよかった。

テーブルの重さは、天板がかなりを占め、座卓にしてもなかなかの重さがあるので、

それはいいのか?…という気もするけれど、もやもやしながら使っているより、気持ちも新鮮。

 

ただ、高さのある台は欲しいので、空いた場所にカウンターテーブルのようなものをつくろうと思う。

洗濯物をたたんだり、ササッとご飯を食べたりできるくらいの。

皮がむけた手が治ったら。